無料なパブリッククラウド上に、UOVMCサーバを立ててみた(その5・おまけ)。

2/24以降、ウクライナ情勢にずっと関心が向かってしまい、四六時中、Liveニュースや関連SNSを見ています。
仕事中も覗くくらい気に掛かっていて、正直なところUOはずっと起動していません。

早く停戦、講和、和平のプロセスに進んで欲しいのですが、1年以上は掛かるような気がします。

——

さて、1年前にMicrosoft Azure上に作成したUOVMCの地図サーバですが、やはり無償期間の1年を過ぎたからか、ゲイツ神から料金の請求書が届きました(正確にはナデラ氏/吉田氏からですが)。


2月分の請求書、なんと約1,000円。
高けぇ。

コスト分析を見てみます。
10日間で1,000円も掛かっているってこと?

月に3,000円は払えないゼってことで、慌ててVMの停止とリソース削除の作業を行いました。
しょぼいサーバだった割には、DAZN並みに高いじゃねぇか。

地図サーバよ、さらば。
次回、もし作る時があればAWSで作って、その一年後にはGCPで作るよ(クラウドサービスにタダ乗りする渡り鳥感)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。