我々は明日のmasa.Fである。

UOの黎明期、赤い人が跋扈する時代。
masa.Fさんという名の、赤い人達と戦う伝説の闘士がいました。

当時を知る人達が残したサイトやブログによると、

  • PKが現れた!」通報を受けると、まず真っ先に現場に現れる。
  • 数的不利だろうが何だろうが、構わず最初にやってくる。
  • いつも銀行の屋上で佇み、通報を待ち続けている。
  • 寡黙である。ほとんど言葉を発さない。
  • だがご本人の実力は・・・。

とにもかくにも不屈の精神の方だったらしい。
あまたいたPKKの中でも、その代名詞と言ったらmasa.Fさんということで、その後も後継者(自称?)や偽物も多数現れたと聞く。

昔、自分も銀行の屋上に立つmasa.Fさんを見かけたような覚えがある。
それが本物だったかどうかは分からないけど。

長くやっている人なら、名前くらいは聞いたことがあるでしょう。
そうした伝説めいた話が語り継がれるのも、歴史のあるUOのいい所。





前置きが長くなりました。

知人から「あのPKが現れた!」と連絡を貰いました。
例の赤い女王のことです。

もちろん急行しました。
雪上のPKK戦、みたび。

で、返り討ちに遭いました。
計2回、まっ白な灰に燃え尽きた。


へっぽこ対人芸人、二人掛かりでも全く歯が立たず。

対戦中、全く勝機を見出せず、己の実力じゃダメだなと思いました。
ええ、顔を真っ赤にして、この記事を書いてますとも。


– そして最後に確認しよう。我々は「あしたのmasa.F」である。
と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です