デーモン・ジェノサイド

通称「速度足」、つまり「狂える細工師の動く足」を求めて、アビスの達成エリアで籠城を続けている。

ボスを倒すまで5、6分。
次の湧きが始まるまで5分。

悪魔族を大量に血祭にあげているが、なかなか出ない。

1/100の確率とはいえ、自分の強運を信じて
– どうせ50回以内には出るべ
と思ってたが、ついに70回記念血祭大会も開催するに至った。

Devourer of Souls(ボス)の棺桶を開くたび「次こそ出てくれ」と祈るの気持ちで開くが、やっぱり出ない。
気が付くと足元には血塗られた赤と茶のデーモン達。

湧いてから約5分間、黙々と何かの流れ作業のように悪魔族を倒している。
時には寝落ちしそうになりながら、槍を突いている。

– あれは悪魔だ、モンスターだ。
– これはデータだ、ただのゲームだ。

史上、いろんなジェノサイドがあったが、末端の人間はこういう感覚だったんだろうか。
そうは思いたくないが、早く「狂える細工師の足」が出て、決着がついてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です