うれしい悲鳴の戦術120

さすがに当分は手に入らないだろうと思っていた戦術120のパワースクロール。これが手に入ってしまったのだ。

お世話になっているギルドの皆さんと赴いたフェルッカのカルダン。
そこで出現したのが、戦術120のパワースクロール。

討伐後の分配式で、これが幸運にも自分に回ってくる。

画像のとおりのスキル構成なので、戦術伝説のためにあと+5を稼ぐには、選択肢が騎士道を下げるか、盾を下げるか、ネクロや魔法抵抗を下げるしかない。

  • 騎士道を103.0から下げるとEoOのボーナスが1段階下がる。
  • 盾をここから2.0以上減らすとSpMのマナコストボーナスが得られなくなる(武器+武士+盾で300以上が必要)
  • ネクロを下げるなら、白豚限界まで1の余裕しかない。(Vamp下限は99.0)
  • 当時、苦労してあげた魔法抵抗は、意地でも100.0から下げたくない。
  • 使っている指輪、腕輪にスキルを入れる容量もない。

つまり欲張りさんな自分には、条件をすべてを満たす余裕がないのだ。

– 何かを得るためには、何かを捨てるしかない。
本当によくデザインされたゲームだと思う。

合理的な選択肢は、

(1)騎士道を下げて、EoOボーナスは諦める。
(2)盾とネクロをちょっと下げて、魔法抵抗を98まで下げる

のどちらかふたつだと思う。
こんな時に思いだすのは、移籍の噂を報じられた時のスポーツ選手の常套句。

– Let’s see how it goes.(どうなるか見てみようじゃないか)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です