Doomの2番部屋、乱戦で生き延びる秘訣を見出したんだろうか。

今夜は最大手ギルドが開催するDoomツアーの日。
いつもはメイジで支援側に徹するのですが、今日は試したいことがあって戦士で参加。

いつぞかの記事で、なぜか自分だけ2番部屋のゴキ供にケツを追っかけられる話を書いた。
そんで毎回奴らのターゲットに遭って、無事に死亡という展開。

– 俺のダンディーでアンニュイなフェロモンが、UOの中でも醸しちゃってる?
– ドルチェ&ガッバーナの、その香水のせいか?

と思いこもうとしていた。
脳内のイメージ的には、胸元はだけたこのイケメンと一緒、のつもり。



そういや書写屋の彼女(彼?)から

こんなコメントを頂いておりました。
NearestTarget-AttackLastのマクロ連打が悪かったのか、ちゃんと試してみようと今回は戦士です。

いや待て。
もしそのとおりだとしたら、ダンディーでアンニュイなフェロモンは出てなかった、という悲しい証明にもなるじゃないの。

戦法はこうです。

  • イグノアだけセットして、NearestTarget-AttackLastは打たない。
  • ゴキと自分を重ねつつ、基本は自動反撃に任す。
  • とは言え、それでは先に進まないから、ゴキの無敵解除の直後に1キーだけ押す。
  • ヤバくなっても逃げない。逃げたらメイジ陣のヒール・キュア範囲から外れるから。

これでやると、いい感じです。
もちろん周囲のメイジ陣様のご支援あってこそですが。

6周位したのですが、2番部屋では一度も転ぶことなく。
恐らくNearestTarget-AttackLastの連打で、これまで他のゴキからのヘイトも集めてしまっていたのでしょう。
もちろん残り1匹の時は、ガンガンにマクロを押していいです。



というダンディーでアンニュイなフェロモンがあってもなくても、2番のゴキ部屋でやられて悩んでいる諸兄への朗報でした。

2件のコメント

  1. いつもお世話になっております。
    倭国ツアーにいつもご協力いただき、ありがとうございますー。

    検証されたのですね。
    そしてどうやら効果ありとのことで。
    では次は私が戦士で行ったときに、ひたすらアタックをする検証をしてみましょう(笑)
    いつもより狙われたなら、信憑性が高まりますね。

    1. Rydiaさん

      コメント、ありがとうございます
      やっぱり効果ありですね(断言)
      以前は、イグノアとAttackLastのマクロ連打なので、1.25秒おきに押してたはずです。
      それがこうも変わるとは。

      ぜひ、次回は戦士で連打祭りでやってみてください!
      代替えで、僕は次回はメイジ役でいきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です