ベースの防具が完成した

掌を合わせて、動物を〆て、皮を剥ぐ生活が終わった。
おそらく1万枚は貯めたであろうか。
ようやく納得の行く防具のベースが完成した。

すべてスタッドで作成したので、このままでもマナコストが-15になるはず。
首と手のパーツには、Spinedなルニックで命中+5を付けることにしたので、2つのアクセサリとマスタリの補正で最大値45に達するはずと皮算用中。

錬成し、B皮で後強化したとして、計算上は抵抗ALL70(白豚税の控除後)になるはずだが、これから高価な粉も振るし、計算が間違っていたらと思うとかなり不安。

でも、もう戻れない。
やるしかない。
やらなきゃ意味ないよ。


– 後強化の成功率の悪さに慄然した俺はチキン
– 事後、リアル資金で突っ込むよ「匠の地金」

わざわざラップ調で書く必要もないけれど、こんだけ苦労したんだ、後できっとそうする。
ベースの防具ができたので、次は耐久性の母数を上げる粉を集める作業に入ります。
パーツの耐久性がだいたい40台なので、255に近づけてくと考えると、計算上は約104チャージ分の粉が必要。

自分のシャードでは10チャージ分でだいたい10万GPで売っているので、総額100万GP余。
まずは手持ちのバルクを完成させて、粉を手に入れることにしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です