我が名は、ドラゴンスレイヤーなり。

我がシャードには、凄腕のバードメイジがいる。

ピークタイムにチャットで広く呼び掛け、シャード内の有志で即席の狩り大会を開催するあの人のことだ。

その人はバードスキルを駆使しつつ、戦域の彼我の状況、参加者の力量やヒットポイントに応じて、多彩なヒールとバフ、隘路では壁魔法で支援を行う。

– 鳥の眼を持つ人

と言われる高名なサッカー選手がいるように、まさにその人はソーサリアでの「鳥の眼を持つ人」。

強敵に囲まれ自分のヒットポイントが危なくなった時に、どこからか颯爽と現れ、GreaterHealを掛けてくれる。
いよいよダメになって鬼逃げした時も、追っかけてCure,Heal,Invisibilityの各種魔法を飛ばしてくれる。
そして次に支援を求めそうな人の所に駆け出していく。

腕前だけじゃない、人格も素晴らしい。

自分のような下賤な人間が血眼になってお目当てのアイテムを求めていく中、彼は決してそれを追わず、ただただ参加者の支援に徹する。

その上で、参加者の気持ちを更に鼓舞するように、チャットで曲を奏でていく。

自分の脳内設定では「彼は派閥戦の全盛期における元・凄腕指揮官で、派閥が廃れて引退した現在は、こうしてシャードの盛り上げに勤しむロールプレイをしている人」ということになっている。
(普段、会話をしたことがないので、真の姿を知ってるわけではないです)

さぁ、前置きが長くなったが、今夜はその凄腕バードメイジさんとの話。

——-

ある日、彼の呼び掛けでブリティンの侵攻戦に参加したのだ。
古代龍やGドラ、骨ドラが犇めくブリ戦は危険極まりない。

自分は将軍叩きを諦め、ドラゴン狩りに徹して戦うことにした。

– 何しろ俺は爬虫類カメオと爬虫類特効武器を持つ、ドラゴンスレイヤーだからな。
– ブリティンで将軍や大尉を叩いてる奴は素人よ。

ドラ狩りに夢中になってる中二病な僕に気づいたのか、その凄腕バードメイジさんは、いつものように後ろから現れて、ヒールをかけ続けてくれる。

むしろ普段以上に、手厚く支援をしてくれた。
ただただ感謝。

その翌日。

また彼の呼び掛けでべスパーでの市街戦に参加したのだ。
市街戦の途中に、その凄腕バードから話しかけられる。

– おい、そこの青色のおまえ。
– このべスパー戦が終わったら、昨日のブリの池に顔を出せや。

(本当は、もっと丁寧な口調の方です)

– 一体何だろう、カツアゲか?
– 最近調子に乗ってた自覚はあるんだけれど、ここらで〆られるのか?
– まさかの愛の告白?

ドキドキしながら、べスパーのボス戦の後に、ブリの池に向かう。

つまりこういうことだった。
昨日、ブリの池に屯っているドラ供をどう倒せばいいか、また戦士では入れない宿屋の庭先にいるドラを倒す方法についてのご指南だった。

池の街灯をWクリックすると船にワープできる。
船のランタンをWクリックすると陸地に戻れる。
(初めて知った人。ぜひお試しください)

ゲーム設計者の適当なモンス配置設定だとばかり昨日は思ってたが、ちゃんとこうした解決法が用意されていたのだ。

– なぜこの秘伝を教えてくれるんですか?
の問いかけに、

– 失われていく知識の継承だ。
と答える彼。

なんてカッコいいんだ!

そして、そのまた翌日。

運悪く、またブリ戦。
今夜はあいにく、その凄腕バードはお休みのようだ。

今回もドラゴンスレイヤーに徹する。
前日に教わった、池に沸くドラゴンとの戦い方も使って。

古代龍のブレス攻撃で転んでも泣かないのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です