おひとり様屋上を支えてくれるブラザー

街の侵攻にも飽きて、ひとりで屋上に籠ってたのだ。

ところがだ。
オジマンディアスやら、アノンやら。
ワシの槍を受け流す猪口才な輩に、マットに沈められること度々。

ぐやじぃぃぃぃぃぃぃ。

就寝までの時間切れにより、屋上を撤退。
そのまま涙で枕ををぬぐう夜。

– 蘇生専用に連れていくEJキャラに、不調和スキルを入れたらいいんじゃない?
– リアルマネーを突っ込めば、すぐだよ!
と、昔、ギルド先輩が言っていたことを思い出した。

そんなわけで、いつも同行させてる蘇生マンの宇宙人君(EJキャラ)を改造することにした。

育成のコンセプトは、
– 自分がオジマンディアスと戦っている間に、ステルスで忍び寄って、不調和を掛ける。掛け続ける。
という単純な作戦だ。

大人の解決方法(ソブリンでカスタムトークンを購入)もいいんだけど、何となく矜持を保ちたくて、ゼロからのスタートにした。

ステルスの育成の過程で街の侵攻に立ち寄り、将軍の死体に忍び寄ってお金のルートを繰り返す。

その昔、フェルッカのダスタードで、ルートしていく盗人輩に頭にきて、アタックしたら返り討ちに遭った典型的FPKの罠に嵌ったことを思い出す。
だが今は、一定時間を経過したら、誰でもルートできる。

しかも将軍を倒せる人は金満ばかりだからなのか、死体のお金なんて見向きもされなくて、7,000余りのGPが手に入ることも度々。

人としてのモラルを無視して、育成完了したスキル構成がこれだ。

それぞれ120.0まで育成するのは骨が折れるので、適当なところで止めて、足りない分をアクセサリーや鎧で補完したのだ。(EIはいらないかも)

機は熟した。

– いよいよ行くぜ、屋上へ。リベンジだ!

– オジマン、余裕、余裕。
不調和のお陰で、面白いほど槍が当たる。

– アノンも余裕、余裕。

調子に乗ってTribulationも掛けたら、雑魚が集まってきて死にました。
とっさに操作できないキャラでは、いらんことはしない方がよさそう。

通常の3倍の討伐速度で終了。

なんと、なんと。
カメオが出ているじゃない。
いきなり結果が出たわい。

しかも悪魔カメオ!?

– おまえはブラザーだよ。
– 間違いなく、ブラザーだ。
(一緒に写っている左の炎の斧を持っている人は、誰かの放置キャラです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です