UO仙人に会った話

本当は今年の5月くらいの出来事です。
突然、このことを思い出したので、書いてみました。

——

ある町とブリティンを結ぶ街道沿いに、とある家が建っている。
十数年前の当時と変わらない姿で。

復帰当時、散策している時に
– あぁ、あの家、今もあるんだ。
– 懐かしいなぁ、あの頃は、ここでよく買い物していた。

今もいくつか点在するSH同様に、昔の仕様の名残か、クレジットカード引き落としのままに残っているんだろうと思っていた。

当時、自分が黒騎士RPをしていた痛い時代のこと。
この店では、シャドーインゴットのプレート鎧を道楽商売のように安い値段で売っていたので、よく買っていた。

自分だけが知る穴場のお店だと、密かに、誇らしく思っていた。
そんで強敵相手に、装備をロストする度にここで再購入。

現代に戻る。

また散策していると、そのお店に家主が!
当時も今も、家主にお会いしたのは初めてだったので、たまらず話しかける。

– こんにちわ、昔、ここのお店に世話になった者です。
– ほほう。

そんな感じで会話が始まる。
会話の内容は、個人的な染みるリアル話だったので省きますが、今でもたまにログインしているらしい。

いつかはお会いしてみたいと思ってた人は、自分が勝手に思っていた仙人のイメージと同じリアル仙人でした。

会話の終わりに、

-これ、 君にこれあげるよ。

と言って渡されたのは、UOのサービス開始の間もない頃だけ取れた今ではレア色なガードの鎧。
ある意味、UOの歴史的な遺産。
(でも、申し訳ない気がして、受け取れませんでした)

こうしてその仙人は、たまにログインして昔の思い出を紡ぐのでしょう。

ふと駆け出し当時の黒騎士RPだった思い出に浸りたくなり、残していた当時の服装を引っ張り出しました。

頭だけチェインなのは、上杉謙信的なイメージを模倣してたんでしょう。
あー、恥ずかしい。

この記事を書くにあたり、直前にお店の前を通ったら、今も家主のお姿が。
どうぞ末永く、お達者に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です