新手の赤い奴がきた。

日課のカウント消化を中断し、真人間のメイジでフラフラと散歩。
ヘイブンに立ち寄ったら、ギルドにいた時の先輩が、タチンボしてたのだ。

– うっス、パイセン。お久しぶりっス。
– 中身はウルフ君か。元気にしてるん?
(ウルフはまだ表に出てこれないので、僕の別キャラとの会話です)

– 先輩、ここで何してるっスか?
– 最近、復帰さんと遊んでててさ。待ってるのヨ。
– へぇ、意外っすね。パイセン、そういうの全く関心がない人と思ってました。
とか、超絶に失礼な物言いをするウルフ後輩。

そんな話の流れの中で、復帰さんが到来。
そのままパワスクに行こうゼ、的な展開。

さすがは先輩っス!
そうこなくちゃ。

舎弟分として、復帰さん達をフェルッカのデスパイスに連れていく。

当時から頭が上がらない先輩の一人。
さすがの超絶技巧で、短時間でネズミ湧き進めていく。
僕はというと、復帰さん達が困らない程度に、メイジ役で彼らを支援。

いよいよネズミボスのPiperが湧き、パイセンは正義の徳をみんなに配る。

準備が整ったところで、事件は起きた。

いかにも米国人っぽい名前で、それは適当すぎねぇか?と聞きたくなる名前の奴が近寄ってきた。
青ネームだが、[VvV]タグを付けてる。
そんで、そいつはなぜだか通路にEnergy Fieldを張りだす。

– コレ、やばいやつじゃないの?

先発隊の青が先にEFを張り、直後に本職PKがやってきて、両方の通路を塞いで乙!な光景が容易に想像ついた。(片方向だけをEFで封鎖したのも不思議だけど)

– 逃げて!

とパーティチャットで叫んだが、復帰さん達は何のことか分からず、そのままデスパの染みに。

逃走した自分は、離れた所でインビジ。
コソコソ隠れ続けていたが、パイセンは構わず立ち向かっていったようだ。

復帰さんがパーティチャットで、復帰さんを屠ったことで名前が赤色に変わったそいつとは別に、もうひとり別の赤1名が来てると教えてくれた。
彼らからの戦況の中継をしばらく聞いていたが、どうやら残念な結果に。

– (パイセン)was killed by XXXXXX

戦いの結果はともかく、これが本当の正義の徳を掛ける人の在り方なんだな、と。
先輩は大事なことを僕に教えてくれた。

—-

というわけで、新手の赤い人が現れました(赤いだけで閉じ籠っている自分は除く)。
みなさん、気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です