無料なパブリッククラウド上に、UOVMCサーバを立ててみた(その2)。

前回、MicrosoftのパブリッククラウドAzureの無料枠を使って、UOの地図サーバー(UOVMC)を立てて皆の位置情報を共有してみる、という話の続きです。
結論から書くと、うまく行きました。

メリットを上げると、ざっとこんな感じです。

  • 運営主の自宅PCやネットワークのリソースを消費しない、電気代もかからない
  • 運営主が家にいなかろうが、ログインしてようがしてまいが、地図サーバの24h稼働が可能
  • 運営主にとっても、自宅PCを立ち上げたままよりはセキュリティ的不安が少ない、侵入されたところで洩れて困る情報がない(踏み台サーバにされない対策は必要だけど)
  • ユーザにとっても、ころころと接続先のIPを変える手間もほとんどない
  • 1年間は無料枠で運用できる、はず。(豪華な構成をしない限りは初回30日間は無料で、30日後からは従量課金。30日後も最小構成で無料運用が可能か、今後検証します)

作り方について、おおざっぱに説明します。

1.クラウド上に仮想マシンをおっ立てる。

  • Microsoft Azureのアカウント(AWSで作る場合は、適宜読み替えてください)を作る。なお作成時には、クレジットカードやSMS番号が必要になります。
  • 管理画面から仮想マシン、仮想ネットワーク、ディスク領域の作成設定をする
  • Windows OSをデプロイする。私の環境では、Windows Server 2016 DataCenter版にしました。


2.UO本体とUOVMCを仮想マシン上にインストールする

  • OSがWindows Serverの場合は、デフォルトではInternetからのダウンロードの制約があるので、IEのセキュリティ設定を一時的に緩和する必要があります。
  • UOクライアントのパッチファイルを最新化する。
  • UOクライアント本体を起動させる必要はない(Server OSだからか、エラー表示が出てUOが起動しません)
  • UOVMCを起動する
  • UOVMCのネットワーク共有設定画面を開き、記されたPort番号をメモし、また任意のパスワードを設定して、開始ボタンを押す


3.ポートを開ける

  • Azureのポータル画面のネットワーク設定から、UOVMCが指定したポート番号の通過を許可するようにします。(上の画像)
  • Windows OSのファイアウォール設定に対しても、ルールを追加してUOVMCが指定したポート番号の通過を許可するようにします。(下の画像)



ここまでが運営主の仕事です。
以下は、地図サーバーに接続するユーザーさん側が行う設定です。

4.UOVMCのネットワーク共有を設定する

  • UOVMCのネットワーク共有設定画面で、運営主が指定する地図サーバーのIPアドレスまたはドメインネーム:ポート番号:パスワードを記述する
    記述例:123.45.67.89:20000:Wolfshin_wo_Tataeyo!
  • 接続ボタンを押す


自宅のPC2台で、Azure上の地図サーバにアクセスしてみた所、画像のように位置情報が共有されました。



そうそう。
今回の取り組みですが、最大の過ちを犯したことに私は気が付いてしまいました。

– 使ってくれる友達がいない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です