エクソダスと戦うことになった話。

散歩していたら、タウンクライヤーが
– Britinでイベントをやっているゼ
と教えてくれた。

15人くらいだろうか。

ブリティンの新広場に整列している集団と、一人の黒服の男がいた。
黒服は、ブリティンの首長らしい。

広場の端で遠巻きに様子を眺めていたら、主催者の首長から

– おい、あんた。いいところに来たな。参加してってくれよ
と誘われた(実際は、もっと常識的な口調でのお誘いです)。

– 俺に声をかけるなんて、首長って男は、さすがお目が高いゼ。

とは言えなかったが、何のことか分からないまま、パーティへの招待とローブとナイフと証書が入った袋を渡され、開かれたゲートをくぐることにした。

どこで何をするのかよく分からないまま、くぐったゲートの先はどこかの神殿だった。

ほんと、なんのイベントか知らないまま、まごついていると

– あんた、ここは初めてかい?力を抜けよ。
いいか、さっき渡したローブを着て、証書を読んで、俺が出した祭壇にそのナイフを追っ立てるんだ。
と首長が言う。(実際は、もっと丁寧な口調の方です)

言われるがまま、その通りにすると、どこかのダンジョンに飛ばされた。

あんたメイジかい?
いや、俺はフェンサーさ。これでも昔は伝・・・
そりゃ、ちょうどいい。そこから動くなよ、動いたら死ぬからな。

と過去の自慢話を語りだせる暇もなく、首長から最前線の1点に立つことを教えられた。

10年ぶりの復帰者には、何をしていいのかさっぱり分からない。
分からないが、そいつは突然に始まった。

Clockworkなエクソダスとか言う、えらく大きなデーモンがやってきて、そいつに狙われる。

– けっ。これでも昔は、Doomで堕落したナントカを求めて戦った槍騎士様だゼ。

減っていくヒットポイントに肝を冷やしながら、メイジ陣から贈られる熱いGreaterHeal網に感謝しつつ、冷静に包帯を自分に巻く。
とにかく死なないことにしよう、元伝説の槍騎士として。
だから包帯だけは絶やさない、自分にだ。

一緒に戦っている仲間が誰が誰だか分からない。
というか誰が横で戦っているのかも分からない、この状況。

だって、はじめてなんだもん。
格好悪いとか、言ってられない。

だって、敵のエクソダスさんに、ダメージは20くらいしか与えられてないの。
敵が硬いのか、自分が弱いのか、さっぱり分からない。

ちっとも貢献できてないことだけは何となく分かった。
こうなったら死なないことで、元伝説の槍騎士感を醸すしかないゼ。

そんなこんなで、エクソダスとかいうボス戦を2周したわけだ。
撃破した後(正確には、自分ではない他のどなたか様が撃破した後)、地面にばらまかれるゴールドをありがたく持てるだけ頂戴し、家路につく。

多少の過去の蓄えは残ってるとは言え、復帰者にお金は大事だからな。

見栄も外聞もないゼ。

そういや誰かが、

– 表彰状、出たw

とか言ってたが、後で調べたら自分の鞄にも入っていた、それも2枚。
2周したからかな。

ま、参加賞みたいなもんだろう。

———————————————–

後でソーサリアの外で(つまりGoogleで)、エクソダス戦について調べてみたら、

・主催者の首長さんは、エクソダスと戦うための人数分の参加券を集めておられている(結構、集めるのは時間もかかるし面倒なものらしい)。そんな気合の入ったイベントに軽い気持ちで飛び入り参加して、本当に申し訳ない気持ちです。
・てっきり参加賞だと思いこんでいた表彰状は、結構な当たりの品らしくて、というか2/2の確率で出るものではなさそう。

ということが分かりました。
首長さん、楽しい一夜、本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です