DoomのHaloは、フードにもなるらしいゾ。

こんな底辺に棲むソーサリア人生を綴ってるだけのブログ。
なのに意外に読んでくださる方がいるのに驚きです。

今夜はそんなお話。

いつぞかの記事で、
– DoomでHaloを獲ったゼ、だけどハチマキはいただけねぇゼ。
みたいな話を書いた。

書いたことも忘れたころ。
そう、あれはコーガル討伐に挑む野良パーティに参加し、船上でキャプテン・ヨーソロー気分に浸ってる時だった。

– ウルフ君、Haloは別の形に変えられると知っているかな?

と、拙ブログを読んでる方から、突如に声を掛けられた。
とっさに何のことかよく分からず、

– 詳しい話は、後で聞こう。

と、その場ではG13型トラクターの広告記事を探すあの人のように振る舞うことに。
そんでコーガル討伐後。

つまりはこういうことだ。

– ウルフよ、おまえのHaloを俺に預けろ。
– 俺の仲間が、そいつをイカした帽子に変えてやるゼ。

どうやらDoom産のHaloも、特別なレシピ持ちの手に掛かれば、クリムゾン・ベルトのように別のグラフィックに転換できるらしい。

– 俺を信じるなら、そのHaloを俺に預けてくれよ。

信じるも信じないも取引を持ち掛けたこの男の、ときたま見かける狩場での奮迅と献身っぷりは良く知っている。
信ずるに足る人物だということ、何の疑いの余地もない。

(差し出せる対価がほとんどない私、そもそも対等な取引になってないです)

翌日、とあるイベントの終了後、例のブツを彼に渡した。

さも「いくらでも払えるゼ」感を醸して、大金持ちであるかのように見栄を張って振る舞ってみたよ。
巨額の請求が来たら、そん時はそん時だ。

次の日。
年賀状やら、家の大掃除やら、溜まった漫画の自炊やらがようやく終わり、ログインしたところ、普段は下がることがない家のポストが、

重たくなってる!!!!

Amazon Primeばりに、光速の速さでブツが届いておりました。

イカス。

ついでにM字hageも晒すことになったが、これはいたしかたない。


転換のお取次ぎをしてくださったMさん、ありがとうございました。
また師走のお忙しい所、フードに転換してくださったMさんのご友人の方にも、御礼を申し上げます。

この御礼は、どこかで返せるように精進します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です