ブラックソン・ダンジョンに挑む1

復帰して驚いたことのひとつは、当世、メガネを掛けている人が多いことだ。

あのメガネ、3Dクライアントで見るペーパードール上では「斉木楠雄のΨ難」の主人公が掛けているサングラス?みたいに見える。

だが同輩の白豚諸氏の方々、大体の人が掛けているので、きっといいものに違いない。

不思議に思って調べてみると、俗に「回避低下メガネ」と呼ばれるもので、手に入れるにはたいそうなご苦労が必要らしい。
なにやら現金他、資材で上納とか、よくあるのがお店で斧を88,000本ほど購入し、奉納して貰うのだとか。

自分はそんな根性はないので他に方法はないのか調べてみると、ブラックソン・ダンジョンにいるキャプテンとやらを倒すことで得られるアーティファクトを集めて、これが一定数まで溜まると「回避低下メガネ」に相当する品物に交換してくれるとのこと。
その数、50個を集めると、もれなく類似の品物と交換だ。

そういえば、ギルドや呼び掛けの集まりで、仕組みも知らずに戦って得たミナクス印のアーティファクトが3個ほどある。
なので、あと47個を集めれば、いいんじゃなかろうか。

キャプテン一人につき、2個を出すというのだから、約24人を倒せばいいのだろう。

そんなわけで、一人でブラックソン・ダンジョンにやってきた。
メイサーなキャプテンが2人。

戦ってみると、黄色ネームなので、ダメージが入れられない。
お供のモンスターを倒し切らないと、キャプテンは倒せない仕組みなのだとか。

都合が悪いことに、お供は狛犬とか馬男みたいな、いわゆる妖精族。
妖精族用の武器、まだ作ってなかった。

その日は諦めて、次の日に訪問すると、また同じ光景。
うちのシャードでは、あまり流行ってないらしい。

4日目の訪問で、少し状況が変わっていた。
お供は全ていなくて、赤色になったキャプテン・メイサーが2体いる。

– これはチャンスだ。

片方のメイサーを、すみっこに連れてって、パラライズ・ブローで足止めをかける。
残ったもう一体と、タイマンを張るわけだ。

ところがこれが強い。
なにしろ武器が当たらない、空振りしてばかり。

だいたいこっちが100ちょいしかヒットポイントがないのに、相手が何万ポイントもあるなんて、反則じゃなかろうか。同じ人間じゃ、ないのかね。

1体を倒すのに1時間を掛けて、獲得したアーティファクトが2個。
2体目のキャプテンを、あと10%位まで体力を削ったあたりで、次の援軍のキャプテンと取り巻きたちが出現。こりゃ無理だと思って撤退。

15分くらいで倒せる人もいるらしいが、貧乏槍芸人にはこれは無理。
ここは複数人で来るところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です