迷惑なギルド先輩

それは昨日の夜のことだった。
唐突にギルドの先輩から、こんなメッセージが。

– シャードの最大ギルドと話を付けといたワ。
– 今週末はギルド合同でイベントを企画したねん。
– あんたら、そこんとこ準備をヨロシクな。

この先輩、めちゃくちゃ上手くて、自分にとっては頭の上がらない存在。
なんと形容したら良いのか、戦術的な動きが凄いというか、合理的な考え方にいつも感心させられる先輩。

しかも普段から関西弁。
それは関係ないか。

とにかくその謎なメッセージを紐解き、少しずつ情報を引き出していくと、つまりはこういう話だった。

  1. 我がシャードで最大アクトを誇るギルドの人と話をした。
  2. 具体には、彼らが開催している週末のイベント(一般の方向けに開くDoomツアー)に、うちのギルドも参加することにした。
  3. これは、つまりは合同の企画だ。

– あれって彼らのギルドの専売イベントじゃなかったっけ?
– 合同企画ってどういうこと?

と心の中で思いつつ、とにかく先輩に恥はかかせてはならないのだ。

舎弟分としては、どうにか形になるように、何とかしなければならない。
あちらのギルドに、いくつか金骸骨を預けておけば合同の体になり、先輩のメンツは保てるのではないだろうか。
一晩かけて、そう考えた。

– うちのギルドにも、メンツがありますけぇ。

とか適当な言い訳して、別のギルド先輩達を口説き、何人かで手分けして赤い骨を集めまくる。

そこからDoomへの入場券になる金骸骨に移して、数個を集めてきた。
あちらは最大ギルドなんだから、金骸骨なぞ腐るほど持ってるだろうと分ってはいる。
が、手土産なしには先輩の顔に泥を塗るようなもんだ。

次に最大ギルドのギルマスさんに、金骸骨をお届けに行く。
ある意味、このクエストのラスボス。
その人は、だいたいルナの入り口で佇んでいるのが常で、今夜もそこにいた。

あちらのギルマスさん、「ギルド合同企画」という言葉に最初は訝しがっていたが、途中から僕の話に話を合わせてくれて、

– アー、ソウソウ!。聞イテマスヨ。
– (金骸骨)アリガトウ、助カリマ-ス。

と言って受け取ってくれた。

噂で、彼は聖人らしいと聞いていたが、噂通りの人物だった。
なにしろ空気が読める。

ちなみに僕がラスボスさんと折衝している同時刻。
その怖い先輩は、ソロでDoomに行き、週末に向けたリハーサルに余念がなかった。

– 2番ゴキは余裕やわー。
– でも、ボスはちょっと怖いねん。

俺はあんたの方がずっと怖いよ。

———-

全方向に喧嘩を売っていくスタイルのこのブログですが、最後はしおらしく番宣です。

WKKで最も勢いがあるギルド、D&Aさんが開催する日曜定例イベント
【告知】第15回倭国DOOMツアー ~みんなで倭っしょい~
は、7/12 21:00から開催だそうです。

僕も参加しますよ。
半沢直樹(後編)は諦めました。

週末は、Doomでウルフと握手!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です