第100回記念 悪魔血祭大会

ついにこの日が来た。
達成エリア 100回目のデーモンの血祭大会。

100度近くも籠っていると、いろんな人がやってくる。
遠巻きで眺めて「先客がいるのね」という感じで、さっと帰られていく。

自分も心の中で「早く代わりたい」と思いながら、槍を収める間もなくRecall Outされてしまう。

– あの人、またいるね。昨日もいたし。
– ああいうのを銭ゲバって言うんだゼ。

彼らの心の会話が、胸に痛いほど突き刺さる。

赤閣下が20匹。
茶閣下が5匹。

そしたらDevourer of Souls(ボス)が沸くんだよなぁ。
と半ば機械作業のように槍を振るい続ける。

そんな気持ちで迎えた第99回 記念大会。
Devourer of Souls(ボス)の棺桶を開くと。。。。

これは、ひょっとして。
ついに出たか「狂える細工師の動く足」!!!

でも、こんなノーマル色だったっけ、と思ってカーソルを当てると。
分かってたよ。

いつかこういうオチも来るだろうな、ってこと。

その後、第101回記念大会も迎えたが、このまま大会は続行です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です