泣き虫ウルフ(鐘楼編)

シャドーガード、通称「屋上」を独りで挑戦できんもんかなと、試みたわけだ。ミナクス姉さんの下僕に挑む前に、5つの鍵集めを一人でできないと、話は始まらない。

とりわけ「鐘楼」のドラゴン戦は、生半可な戦士には難しい。
難しいが、危ない時は土俵から下りるのを繰り返せば、何とかなるんじゃないかと思って、挑んでみたわけだ。

結論を先に述べよう。
「鐘楼」は失敗だった。

ポーションをがぶ飲みして、普段は乗らない鎧付き沼ドラに乗って、グレーター・ドラゴン様に挑んでみたが、やはり転がされる結果になった。
自慢のリーフブレード、Feintを振りまくりの時はダメージを食っても立ってられるが、マナの残量もあるので、そうそう連続降りはできない。
色気を出してFeintを我慢しマナを節約していると、いざ必要な時に降りが外れる。

もうひと振り、さらに我慢だ、倍プッシュだ、とリスクを背負うと、フェイントの効果時間切れで強烈な反撃を食らう。

気が付くとシャドーガードのお城の外に立たされていた。
現状では、おひとり様屋上はまだ早いらしい。

AFなし、カメオなし。

白豚槍芸人、ここまでALL錬成品装備で挑んできたが、これが限界か。
もう限界なのか。

多分、限界だと思う。

悔しかったからか、気が付くとギルドの皆様と赴いたスーパー・チャンピオン会場での戦利品「ステータススクロール+25」を食っていた。

これでステータスが+5。
(引退前に+20を食っていたから)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です