お助けマン作成計画

十何年前に辞める以前、当時から夢想していたことがあるのだ。

– 死んだ時に、蘇生して回復してくれるお助けマンが近くにいたら良くない?
って。

そのためだけに2個目のアカウントを契約するのは勿体ないなぁと思っていたが、今ならばEJのアカウントでできるじゃないか!

息子(小学生)が遊ぶ用に作ったEJアカウントがある。
その時は「英才教育なのじゃ」と思っていたが、残念ながらUltimaよりマインクラフトの方が楽しいらしい。
この息子が作ってお蔵入りになっているキャラを、お助けマンに改造するのだ。

計画は簡単だ。

  1. ハイドを使えるようにします。
  2. 蘇生魔法を唱えられるようにします。

つまり先発隊として、ダンジョンに潜り込ませ、警戒不要な場所でハイドする。
その後に自分が乗り込み、もし死んだら彼の所に行って助けてもらう。

という目論見だ。

シェイムの深部で死んだ時、ヒーラーやアンクまで戻るのも大変だし、徳の自己蘇生にも回数の限りがあるようだから、この方法がいいんじゃないかと思った。


やっつけで作った秘薬コストマイナス100%と抵抗値all70の鎧を着せて、スキル上げ中。
昔と違って、魔法スキルを上げるのが、やりやすくなりましたね。

しかし彼(息子)はどうしてこんなヘンテコリンな名前にしたかったのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です